主人公になるのを諦めたオタク

色々あったこと、やったことを書いていきたいと思います。

はるまで、くるる。 感想

今回はいつ買ったのか覚えていない(多分GWか何かしらのセールで)500円で買った「はるまで、くるる。」の感想です。

 

 

あらすじ

とある事情。

とはいっても、それがどういう事情によるものなのかは、俺にも説明不可能なんだけど……。
とにかく俺は4人の女の子達と人里離れた場所で長い春休みを過ごすことになってしまった。
どれだけ人里離れているかというと、まずコンビニなんかは当然ない。
携帯だってないし、やけに性能のいいノートパソコンは山のようにあるけど、ネット環境はない。
そこにあるのは、温泉宿みたいな大きな寮舎と、廃校寸前っぽい校舎。
休み中の田んぼと、実った冬野菜が並ぶ畑。
遠くに見えるのは雪を頂いた青い山脈と、綺麗に澄んだ海。
……そして、空の果てまで続く、見たことのないほど高い、用途不明の煙突。

ファンタジックな出来事も、SFちっくな出来事も、ミステリーみたいな出来事もなく、
それなりにいろいろありながらも俺は4人の女の子と平穏な毎日を
過ごしていたつもりだったが、それは大きな間違いだった。
女の子の1人。無茶なことをしがちな静夏が、唐突に言ったのだ。

「ここをこの男のハーレムにするわ!」

ハーレムって言ったら、あの……その……。ええええっ?!
いったいハーレムが何を意味するのか、俺は服を脱ぎ始めた静夏に教えられることになって……。

 

感想

 買ってすぐに遊んではいました。が、ぶっちゃけて言ってしまえば序盤のハーレムエロがだるすぎて一度休止していました。FF14だったり色々落ち着いてきて続きに手を出したわけなんですが、ハーレムエロプロローグが終わってから面白いんですよね。(つまりは序盤の掴みが悪かった……)

 キャラクターたちはそれぞれ何かしらを抱えていていたりするので、なんのためにいるんだお前みたいなことは起きなかったのは良かったです。

 本作はループもので終末世界のシェルターで永遠を生きる物語。最初にあの謎の塔が目に入ってきて、絶対になにかこの世界には秘密があると思わせて話が進んでいく。それぞれのヒロインの話に関わるにつれて、世界の秘密についてのヒントが少しづつ出されていく点については面白い。

 自分自信でなにがどーのこーのと考えながら進めるのは久しぶりのゲームで楽しかったですね。

 シリアスがあれば反対に日常やコメディ要素があるのは萌ゲーなのであるはあるんですけど、よくある雑学とかだったり、いつもどおりのエロゲって感じでした。

  最終的には地球は別の銀河系へ移動することで地上で暮らせるようになり、主人公とヒロインたちが始祖として生きていくって感じのハピエンです。

ヒロイン

春海
 可愛らしい見た目とは裏腹に殺人欲を持っている恐ろしい女の子。
 私は見た目が好きだったのでこの子から始めたんですが、進めば進むほど不穏になっていくけれど、主人公が強引に理由付けをして解決してしまう話。
 攻略が終わってから、とある場面で「胸を揉まない」選択ばかりしていたら夜這いをされてそのまま刺され殺されました。笑

 

秋桜

 一番パッとしなかった女の子。

 選択肢を色々選んでいたら必然的に二番目に攻略することになった。

 真冬の腹が異様に出っ張った死体の中からは時計が出てくるというトンデモストーリー。ちなみにコレは謎技術で粉にした時計を注入させて再生させたらしい。
 ここではループ世界であるということが明らかにされる。

 

冬音

 特に選択肢はなく、いつの間にか冬音√に入っていたので3番目に攻略することになった女の子。

 ココからは怒涛の種明かし。長い時間の間を管理者として生きてきた冬音。8000年も生きてきたらそりゃ気が狂って自殺もしたくなるだろうなと思いながら、主人公に管理権限を渡すと。

 その結果として主人公も狂人と化してしまう場面もいくつかありますね。

 私だったら200年ぐらいで死んでしまいそう。(また生き返るけど)

 

静夏

 メインヒロイン。可愛い。

 記憶には残らないけど、さようならをするところがめちゃめちゃ鳥肌モノ。

 主人公を支える一役を買っていたので正直一番好きかもしれない。(浮気)

 

最後までやって思ったこと

 ループをするということはプレイヤー自身がシェルターの観測者であり、データ収集をする神的な存在なんじゃねぇのとか思っていました。

 結局コレはミスリードであって「人類は滅亡していて、シェルター中にいる人たち」の話でした。超次元テクノロジーのおかげでそのシェルターは3ヶ月を永遠とループし、何が起きても全てが元通りになると。だから死んでも怪我しても全ては元通りになる。

 冬音√で死んで管理者権限が主人公に移ったのも春海に殺されても元に戻っているのもそれ。

 この世界って本質は「魂」ではなくて「身体」と「心」にあるんですかね。正直そこまでは私では難しくて考えられないですけど。

 どうしてそう思ったのかってのは、主人公の全ては静夏が救っているからなんですよね。

9-nine-ここのつここのかここのいろ 感想

今回は2017年4月に発売された9nineシリーズ第一弾の「ここのつここのかここのいろ」の感想です。ちなみに私は今回が初プレイです。

2021年5月5日現在では全シリーズが最大50%セール中なのでこれを読んで気になった方も気にならなかった方もぜひ

今回はあまり堅苦しくなく、気軽に読める程度でまとめたいかなと。

というわけで本題に

 

 

 

本題

世界観は現実世界にアニメの設定を降ろして事件を起こすといった感じをイメージにして遊んでいました。

 ヒロインの社長の令嬢である九条都を中心に話が動いていきますが、第一に可愛い。

そんな九条都はとある出来事をキッカケに力に目覚めてしまう。その力は他人から奪う力。それを使って事件解決へと向かいます。

事件を起こすことで一体どうなってしまうのか、その人はどうなるのか。能力を使えばどうなるのか。

これから遊んでいく上でのチュートリアル的なものばかりだったので能力を扱うパートはぱっとはしませんでした。ですが、日常パートでの会話劇は面白かったです。久々の美少女ゲームだったのでいつも通りだったかもしれませんが、地の文が少ない代わりにキャラクター同士の会話のテンポがよく、読んでいて気持ちがよかったですね。

また、2周前提のゲームになっており、主人公の力は最後までふせられていましたが、プレイヤーにメタとして伝えていたのではないかと考えられますね。もしくは、その考えはやりすぎで、いつも通りの神視点かもしれないですけど。

 

総評

ざっくりと言ってしまえば、伏線をばらまきまくって何も回収をしなかった作品。ですが、これは分割のミドルプライス作品なので起承転結の起の部分と考えてしまえば妥当なものだと思っています。

リアルタイムで購入していた方は続きが気になりすぎて、だいぶ苦しかったのではないかと。でも、売り方はうまいですよね。続きが気になるから次が欲しくなる。悪い意味でもいい意味でも話題に上がりやすくなるし、しやすくもありますね。

 

f:id:snkho:20210505112434p:plain

 

【ウマ娘】不屈のキングヘイローに惚れた

2000年、高松宮記念
その馬は、10度の敗北を超えて血統を証明した。
敗れても、敗れても、敗れても、絶対に首を下げなかった。
緑のメンコ、不屈の塊。その馬の名は、「キングヘイロー」。
次の伝説をみよ、高松宮記念
2012年JRA CM「高松宮記念」編より 

 私はこのCMを見て痺れた。

父母ともに強い馬の血をもらっているということでかなりの注目を集めていたようだった。デビューから3連勝を飾るも、皐月賞2着、ダービー14着、菊花賞5着となかなか成果を出すことが出来なかった。そうして2000年の高松宮記念で待望のG1を制す。

確かにレースを見てみると他の馬と見比べたら、たしかに首が高い。

この走り方には訳があるみたいで父のダンシングブレーヴの血を引いている子たちに多いみたいだ。これはどこかの知恵袋から引っ張ってきた情報なので正しいかどうかは分からない。

よく考えなくても、首を下げて走るほうが早くないか?と思ったり。

でも2000年の高松宮記念のレースを実際に見てみたら差し切りはすごい。

今回はウマ娘の話なので史実はここまでにしておく。

 

www.youtube.com

癖で走っていた馬だが、それをモデルにして美少女のスポ根モノにするにはうってつけの設定だ。

頭を下げない不屈の魂。自信家で負けん気の強いお嬢様。最高だな。ゲーム中でも確かに首が高くなっているのが見て分かる。

書くことが短くなってしまいそうだったので、ウマ娘のストーリーを読んでみた。

12回も出ようとして失格扱いになることを知らないおっちょこちょいさん。
負けたくない気持ちが先行してしまった結果だろう。
母親父親がすごい馬でそれの後追いなんて絶対嫌だ。そりゃ、あれだけのプライドの持ち主だったら絶対に嫌に決まっている。

母親と比べるな。私は私だ。という気持ちが強く伝わってくる。

f:id:snkho:20210331141500p:plain

彼女は2着であっても折れないしょげない。一流を名乗り続ける。

繰り返し書くことになってしまうが、こっちのキングヘイローは「首を下げない=諦めない」になっている。
一流を諦めない。不屈の意志。高い目標を掲げ続ける覚悟の現れ。

諦めの悪いお嬢様。

わがままだけれど、その性格が魅力となって私は惚れた。

 

P.S 女神像をほぼ全部使って☆3にしてしまった

【ウマ娘】競走馬にも光の多いところ、強い影がある

前々回とは違う今度はウマ娘ではなくリアルの競走馬について書いてみようと思う。こうしてゲームを遊んでいるからには、実際にあるものについて少しだけ知っておくのはありだと感じたからだ。

Twitterで引退馬について話題に上がっていたのでそれについていろいろ考えてみる。

 

ウマ娘によって名前を知られていたりする馬たちは本当に幸せだと思う。かなりの有名馬でそれなりのドラマがあって人気を博している。

ゲーテの戯曲の劇中台詞には『光の多いところ、強い影がある』ではないが、キラキラとした舞台の裏側にはそれだけの物があるのではないかと。

G1レースで優勝しても注目されずに引退していく競走馬も数え切れないほどいるみたいだ。そうでなくても、故障をキッカケに成績を残せない競走馬も当たり前のようにいる。

 

引退した馬たちは乗馬クラブへ渡っているらしい。馬は重くてあんなにも大きい。当たり前だが、みなが引き取れるわけがない。じゃあどこへ行ったのか。殺されてしまっているのだ。

これについてはあまり詳しくはないが、血筋とかも関係してくるのだろう。

レースの成績が良くてもだめな場合もあるみたいだ。

 

あまりにもひどい締め方になってしまっていたので、一番最後にこれを貼って終わろうと思う。

rha.or.jp

引退馬でも生きている馬もちゃんといる。

光の部分ではなく、私の悪い癖で影の部分を書いてしまったことには反省している。